チラシデザインのポイント

心に響くチラシづくりのポイント

埼玉ロジスティックスは、独自のポスティングシステムで効率的なチラシ配布サービスをご提供しているポスティング会社です。当社では、チラシ配布のほか、チラシのデザインおよび印刷も承ることができます。こちらでは、顧客の心に響くチラシづくりのポイントをご紹介します。

読んでもらえるチラシとは?

せっかくチラシを配布しても、届けた相手に読んでもらえなければ、何の意味もありません。ではどうすれば、チラシを読んでもらえるのでしょうか。――それには、チラシをつくる際の4つのプロセスが大切になります。

1. 届けたい相手を考える

チラシの内容を「届けたい相手」とは、つまりお客様としてお店に来てほしい、あるいは、問い合わせをしてほしい相手のこと。つまり、これが店舗のメインターゲットとなります。年代や性別、ファッション、生活スタイルなど、お客様のイメージを明確に想定することで、よりターゲットに寄り添ったチラシをつくることができます。これにより、デザイン面においても方向性が定まってきます。

2. 店舗の強みを考える

「強み」は、言わばお店のアピールポイント。もしかすると「そんなに大々的に言うほどの特徴がないんだけど……」とお思いになるかもしれません。しかし、お客様が来てくださるということは、そこになんらかの理由があるはずです。他社を圧倒する商品力や価格の安さだけが「強み」ではありません。アクセスのよさや、行き届いたサービス、もしものときの対応、スタッフの人柄なども、十分にお店の強みとなり得る要素。もし、強みが分からない場合には、お店に来てくれるお客様がなぜ自分のお店を選んでくれているのかを考えてみるといいでしょう。

3. お客様にとってのメリットを考える

店舗の強みを考えたら、次に自分の店舗を利用するとお客様にとってどんないいことがあるのかを考えます。とあるスポーツジムを例に取ってみると以下のようになります。

強み メリットの例
駅からのアクセス良好!

来店しやすい!

夜遅くまで営業!

残業で遅くなった日でも帰りに寄れる!

女性トレーナー多数在籍!

女性も安心して来店できる!

トレーニング器具多数!

待ち時間なく利用できる!

このように、強みをメリットに転化して考えます。また、逆に「お客様にこんなメリットがあったら喜ばれるかも」というアイディアがあれば、それをサービスにして強みにすることもできるでしょう。

4. お客様にとってのメリットを「伝える」

1~3を考えたら、最後に重要になるのが、どのようにチラシに記載して伝えるかです。まずは、ターゲットにとって店舗のどの強みが最大のメリットになるのか、また、どんな情報を載せたら興味を持ってもらえるのかといった情報をまとめます。次にターゲットや業種・価格帯などを考慮しながら、それぞれに合ったレイアウト・デザインを考え、そこへメッセージを散りばめていくのです。

ターゲットに合わせたチラシづくりで効果を最大化

ターゲットに対して伝えたいメッセージがあいまいだったり、情報を詰め込みすぎたりすると、本当に伝えたいことが伝わりません。大切なのは、相手の視点に立つこと。ターゲットが本当に求めているものを見定めて、しっかりチラシで訴求することで、ポスティングの効果を最大化させることができるのです。

埼玉ロジスティックスでは、これまで蓄積した埼玉県内の地域情報や顧客データをベースに、反響の出るチラシづくりをサポートしています。自社に印刷部門を設置し、専属のデザイナーが貴社のチラシを制作。チラシ制作後は、最適にセグメントされた顧客層へポスティングを実施します。ご相談、お見積もりは無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

配布可能エリア 秩父地区を除く埼玉県内全域
お問い合わせはこちら 048-726-9240 受付時間:9:00-18:00・日曜定休 お見積り・お問い合わせ
ページTOPへ